ツゲインフォーム(ロゲイン)

ツゲインフォームとは、シプラ社が開発した男性型脱毛症(AGA)を改善する育毛剤です。 日本では「リアップ」アメリカでは「ロゲイン」という商品名で販売されている人気商品です。ロゲインと同じく、ミノキシジルが配合され、直接、頭部につけることで毛根の血行をよくし、発毛・育毛を促進してくれます。

ツゲインフォームの成分ツゲインフォーム
ツゲインフォームの主成分であるミノキシジルは、本来は血管拡張剤として開発された成分ですが、これを頭皮に直接塗ることで、頭皮の血行を良くし、休眠状態である毛の細胞を活性化させる効果が発見しました、この効果により毛乳頭への栄養供給を手助けし、毛母細胞を活性化させることで育毛・発毛を促進します。
このミノキシジル成分が日本皮膚科学会でAGAに対する有効性の評価で最高ランクのAの評価も得ているほど人気です。
さらに、ツゲインフォルテフォームと他のAGA治療薬(フィナステリド成分を含む)とうまく併用する事によってより一層育毛に関しての効果が得られるとされています。

ツゲインフォームの使用方法

ツゲインフォームはムース状ですので、頭皮に直接つけても頭頂部から垂れることはありません。 使用方法はとても簡単で、ツゲインフォームを手に取ってから頭皮に直接つけて使用します。
1回の使用は1mlで、朝夜に1回ずつ使用しましょう。薄めて使うこともできますが、その際は保管に注意し、早めに使い切ってください。

女性がツゲインフォームを使う際には、絶対に2%以下で使うようにしてください。
できる限り毎日継続的に使用する事によって、徐々に効果が期待されます。
頭皮を傷つける場合がある為、爪を立てずに優しくマッサージして下さい。
※ 就寝前に使用する場合は、就寝の2~4時間前に使用し完全に乾いてから寝るようにして下さい。

ツゲインフォームの副作用
ツゲインフォームは安全性の高い育毛剤で、規定内の使用であれば、ほとんど副作用は無いと言われています。
現在報告した副作用として、アレルギーや頭皮のかぶれ・かゆみなどがあります。
またごく稀に、むくみやしびれ感・性欲減退・ホテリ・体重増加等の症状が報告されています。

ツゲインフォームの使用は18歳以上の方の利用が前提となります。娠中の女性が利用する場合は、十分に気を付けて利用します。
循環器に関連する副作用も報告されています。何か異変を感じた場合は、使用を中止し、医師の診察を受けてください。

育毛剤をご紹介!

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)治療薬プロペシアのジェネリック薬です。薄毛治療薬で内服薬タイプというとプロペシアが有名です。服用することで、ホルモンの活性を抑制、抜毛防止に繋がります。そして、抜け毛防止だけでなく、発毛、育毛にも効果があるので、人気商品の一つです。

フィナックスとは、男性に対して脱毛治療薬です。脱毛症(AGA)に効果がある治療薬です。有名な「プロペシア」のジェネリック商品で、薄毛になった・頭頂部の髪のボリュームが減ったという方に有効とされています。特にM字ハゲに効果があると言われています。

ペロスタとは、フィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリック医薬品で、薄毛・AGA治療薬の一つです。ペロスタの有効成分であるフィナステリドは、元々男性ホルモンに起因する前立腺がんや前立腺肥大を治療するために開発された薬ですが、多くの患者さんたちに発毛が認められたことから、脱毛を起こさせるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンの産生を抑制し、頭部の育毛を促進させ抜毛の進行を食い止める働きがあります。