AGAって何?|原因について紹介

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」の意味です。成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

男性型脱毛症の原因

男性ホルモン
男性型脱毛症はその原因として男性ホルモンによる作用が大きいと言われています。
その男性ホルモンとは、テストステロンというホルモン物質で、体内の5αリダクターゼという還元酵素と化合すると5αジヒドロテストステロン(5αDHT)というホルモンに変換されます。
この5αDHTが毛乳頭細胞にある受容体(レセプター)に結合すると、非常に強力な発毛抑制作用をしてしまうと言われています。
そうなると正常なヘアサイクルが崩れ、毛髪が充分に発育できなかったり、抜け落ちるサイクルが早くなり、次第に薄毛、抜け毛が進行し、産毛の機能しか持たなくなる退化現象に陥るとされています。

ストレス
ストレスを強く感じると、自律神経などのバランスが乱れます。その結果、血流が悪化し、毛乳頭まで栄養が行き届かなくなります。ストレスは髪の成長を妨げるだけでなく、あらゆる病気に悪影響があるといわれていますので、ストレスをためない工夫が必要です。

食事・生活習慣
栄養バランスの悪い食事や喫煙習慣、睡眠不足などで、身体の新陳代謝が低下します。頭皮の状態にも悪影響を及ぼすので、毛髪の健康を損なう原因となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です